001006006

001006006

タイトル 【Beauty コラム】ポイントメイクを引き立てるセミマット肌の作り方
登録日 2018-04-10

ポイントメイクを引き立てるセミマット肌の作り方

ポイントメイクを引き立てるセミマット肌の作り方

ベースメイクの仕上がりでよく耳にするセミマット肌。どんな質感のことか知っていますか?
毛穴や肌トラブルをしっかりとカバーして、陶器のような肌を実現するマット肌。
まるで内側から発光しているかのようにツヤ感があり、みずみずしさが魅力のツヤ肌。
この2つのベースメイクのいいところ取りをしたのがセミマット肌です。

肌のアラはしっかりとカバーされ、自然なツヤが出るセミマット肌はとてもナチュラルでTPO問わず活躍してくれるベースメイク。
さらに、アイメイクやリップメイクなどのポイントメイクを引き立ててくれるというメリットもあります。
魅力たっぷりのセミマット肌の作り方をマスターして、ナチュラル可愛いを目指しましょう。

ナチュラルなツヤを持つセミマット肌はメイク下地でツヤ感を出す

セミマット肌を上手に作るためには、ベースメイクの第一歩ともいえるメイク下地で肌にツヤを与えておくのがポイントです。
パール感が強いメイク下地を伸ばし、その上から薄づきのファンデーションやフェイスパウダーを重ねるとツヤが主張しすぎないベースメイクに仕上がります。

メイク下地をたくさん塗りすぎるとメイク崩れが起こりやすくなるため、顔全体に薄く均一に伸ばすことを意識しましょう。
額・鼻・両頬・あごの5点に置いてから内側から外側に向かって伸ばすとムラなく塗ることができます。
目のキワや小鼻の脇、口元などの細かい部分は指先を使って塗りましょう。

肌のアラはしっかり隠すのがセミマット肌!コンシーラーをオン

ナチュラルさを残しつつ、肌トラブルは残さずカバーするのが美しいセミマット肌を作るコツ。
目の下のくすみやニキビ跡、シミなどの肌トラブルをコンシーラーで隠しましょう。

クマを隠すときにはフィット感が大きいリキッドタイプを、ニキビ跡やシミを隠すときにはピンポイントで塗れるスティックタイプのコンシーラーがおすすめです。
カバーしたいところよりもひと回り大きくコンシーラーを塗り、指の腹を使ってポンポンと軽く叩きながらぼかしましょう。

■オススメアイテム

ビッグカバー スティックコンシーラー

ビッグカバー スティックコンシーラー
900円(税込)
しみやそばかす、目の下のクマをしっかりカバーするスティックコンシーラー

フェイスパウダーでふんわりセミマット肌を実現!

パウダリーファンデーションを使用してもOKですが、マシュマロのようなふんわりとしたセミマット肌を作るのならフェイスパウダーがおすすめです。
細かいパウダーが毛穴や小ジワなどの肌悩みをカバーし、テカリなどのメイク崩れも防いでくれます。

フェイスパウダーをパフに取り、パフを揉みこんでパウダーをなじませたら、とくにテカリやすいTゾーンから塗っていきましょう。
そのあとに頬、あご、目元口元の順で塗っていくと塗りすぎを防ぐことができます。

あえてこめかみと目の下にはパウダーを塗らずにおくと、ツヤ感が高まってマットとツヤのバランスが取れて◎

■オススメアイテム

プレシャスミネラル BBパクト

プレシャスミネラル BBパクト
全3色 1,782円(税込)
透明感のある肌に仕上げるナチュラルパウダーパクト

フェイスパウダーでふんわりセミマット肌を実現!

素肌感あふれるナチュラルなセミマット肌のベースメイクは、作りこんでいない雰囲気が感じられるのも嬉しいポイント。
やりすぎないナチュラルメイクはモテメイクの王道です。

また、2018年はアイメイクやリップメイクのポイントメイクに注目が集まっているため、ベースメイクをセミマット肌に抑えることでバランスのいい旬顔に仕上がります。
女性としての可愛らしさとトレンド感をいいところ取りしたセミマット肌のベースメイクにぜひ挑戦してみてくださいね。

リスト

▲ このページのTOPへ戻る

エチュード ハウス sweet caster
韓国コスメのエチュードハウス(ETUDE HOUSE)|公式通販サイト